焼肉のおいしい焼き方 肉通 寺門ジモン NEWS増田貴久いっぷくで紹介 - 有名人関心事

  
スポンサードリンク

焼肉のおいしい焼き方 肉通 寺門ジモン NEWS増田貴久いっぷくで紹介

TBS「いっぷく」のNEWS増田貴久の弟子にして下さいのコーナー、
今回の師匠は、芸能界一の肉通だという寺門ジモンさん。
おいしい焼肉店の店選びから焼肉のおいしい焼き方までを教わりましたので紹介します。

おいしい焼肉店の店探し


ジモンさんによるとおいしい焼肉店は、大通りで探してはダメだといいます。
本当においしいお店は裏路地にあるといいます。
なかなか一見さんが入りにくい裏路地で生き残っているお店がおいしいんだとか。
とにかく語りだしたら止まらないジモンさんです。
あくまでジモンさんの見解です。
ジモンさんがおすすめのお店が焼肉ステーキあつし(東京都港区西麻布1-10-7)
ここで取り扱う肉が山形県の生産農家指定のメス牛だといいます。
山形牛は味に深みがあり、牛肉の味は生産者の技術力で決まるといいます。
そしてその中でも生産量が少なく貴重でおいしいのがメス牛なんだそうです。

焼肉のおいしい焼き方


寺門ジモンさんがいう焼肉のおいしい焼き方です。
(1) まずは常温の火入れ。
  肉を常温で落ち着かせることで火の通りが良くなりおいしく焼けるんだとか。
(2) キムチを口に入れる。キムチの辛さで食欲がアップしさらに乳酸菌でお腹の調子を
  調え、肉を食べる準備をする。
  血糖値を急激に上げない食べる順番でも野菜から食べるので理にかなっているかも。
(3) 鉄板は肉がくっつかないようしっかり温める。
(4) タンの焼き方。肉を返すのは1回だけ。肉の表面に肉汁が出てきたら返す。
  返したら裏側はサッとあぶるだけでOK。
(5) ハラミの焼き方。ハラミはよく焼く。
(6) 分厚い肉の焼き方。厚い肉は肉全面を焼き肉汁を閉じ込めながら火を通す。
  厚い肉は、すぐに食べず焼いた時間だけ置いておく。余熱で火を通す。
(7) 最後にジモンさんから一言。焼肉の焼き方は自由。
  自分が焼きたいように焼いて食べろということでした。
結局、色々試して自分がおいしいと思った焼き方で食べろということでしょうか。

増田さんによるとジモンさんの焼き方はおいしかったそうです。
ただジモンさんの止まらないウンチクの語りは見ててもちょっと疲れますね。

スポンサードリンク